Topへ 

 

  2002年「文明の光景24」
  フランス取材旅行作品
 

    2001年秋取材した作品を2002年に千葉市美術館の展覧会で
   発表した作品の内から、モンサンミッェル僧院とノートルダム聖寺院を
   掲載いたします。

   これまでフランスは何回か訪れていましたが、作品としてはあまり描い
   ていません。それがどうしても描いてみたい衝動にかられ、
   ニューヨークテロのあった直後でしたが訪れてきました。
 
                                 

                                        
  油彩画                                
お問合せ先 伊藤ノリヒコ
                                             〒297-0002 千葉県茂原市千町3819-13
                                             TEL&FAX  0475-25-2810
                                             Eーメール   i-tomoe@beige.plala.or.jp


モンサンミッシェル僧院4点


モンサンミッシエル僧院は、8世紀頃、司教が夢の中で、”この地に修道院を建てよ”とのお告げがあり、建てられたと伝えられている。
砂と海に浮かぶモンサンミッシエルは大城壁の感があり、奇観とも言える景観である。
到着して、入口の門をくぐると、当時の大砲があり、僧院らしくない。
それは、宗教と政治がからみあって、生き長らえてきた僧院の遺物なのである。
陸地と堤防で結ばれているこの僧院の下から、上を仰ぎみたとき、恐ろしいほどの衝撃が走って立ち止まってしまった。
この衝撃は今回の旅のクライマックスかもしれない。
何かに衝き動かされる感じでスッケッチをしていた。
ここの景色はまたフランスらしくなく、イギリスの田舎の風景に似ている。またノルウィーの景色にも似ている。それは、ケルト人とノルマン人の移民の土地柄の故である。(旅行記より)



   
 
モンサンミッシェル僧院

F100号 


作品 1

モンサンミッシェル僧院

F12号

作品 2

 

 

 

モンサンミッシェル僧院

F50号

作品 3

 

 

 

モンサンミッシェル僧院

F100号

作品 4


ノートルダム聖寺院4点

ぬれた落葉を踏みしめながら、セーヌ川沿いに歩いてみる。
ノートルダム大聖堂はかって、百代の神々が祭ってあったという。
空中へそびえる塔をセーヌ川沿いからしばらく眺めながら、この大聖堂の受難な歴史を想いだしていた。
キリスト教に対する反抗を受け、波乱な歴史が刻みこまれている。
今は何も語らない大聖堂、僕は冷たい風が吹く川岸で、スッケッチするのであった。(旅行記より)

ノートルダム聖寺院

F15号

作品 5

 

    

 

ノートルダム聖寺院

F15号

作品 6

 

 

ノートルダム聖寺院

F12号

作品 7

 

 

 

ノートルダム聖寺院

F12号

作品 8